失敗しない資産運用!信用取引を始めるに当たってベストな証券会社とは

第一のポイントは信用口座が作りやすいかどうか

株取引をするための一般口座なら、審査もなく誰もが持てます。しかし、信用取引口座開設時には審査があるので、誰もが持てるものではないというのがまず一番重要なポイントとなります。どんなにメリットが豊富な信用取引口座であっても、口座自体を作ることができなければ意味がありません。証券会社によって、審査の基準が違うのは当然です。したがって、口座が作りやすいかどうかも変わってくる点は知っておきましょう。審査が甘い証券会社は、専業トレーダーを目指すときにも便利になるので、ネットで情報を集めてどこがいいかは考えておくべきでしょう。

信用取引口座にどのようなメリットがあるかの違い

同じ信用取引口座だとは言っても、証券会社によってはサービスの内容が違うのが当たり前です。たとえば、信用取引については株式の売買にかかる手数料を無料にするという証券会社も実際に存在しているのです。こうした証券会社を選択すれば、取引のたびに高額な手数料を支払う必要はなくなります。資産運用の効率が大幅にアップしますし、このメリットを享受したいがために信用口座を作る人もいるぐらいです。信用取引口座開設時には、各社のサービス内容については吟味しておきましょう。

やはり大手になればなるほどメリットは増える

証券会社は、やはり大手になればなるほどメリットが増える傾向にあります。大手ほど、取り扱い銘柄数も多いのが普通ですし、中には海外銘柄を選べる会社もあります。銘柄数が多いと、それだけ選択肢の幅が増えるということで、リターンに直接関わってくることも少なくはありませんよね。最適な資産運用がしたいなら、大手の中から選ぶというのは賢い方法になります。日本には五社程度大手と呼ばれる証券会社があるので、その中から選択すると失敗はしにくいでしょう。

株の信用取引とはある程度の資産を預け、レバレッジを生かした保有資産の3倍までの投資や、貸株での売るポジションをとれる等、投資の幅が広がります。