就業規則はどのように作成すればよいのか?

就業規則ってそもそもどんなもの。

就業規則は勤めている事業所に常時10人以上の従業員がいる場合に、労働基準法の名のもとに作成義務が発生します。この就業規則というものは簡単言うと会社のルールブックになります。例えば何時から何時まで働くのか、会社の休日はいつなのか、給与やボーナスはどのように支払われるのかなど、会社に勤務する従業員の労働条件や福利厚生、服務規律などを就業規則に記載し、きちんと従業員に示すことで会社で働くうえでのルールを従業員に伝えるツールになります。

就業規則を作成する場合の流れ

就業規則作成するうえでの一連の流れについて紹介すると、まず必要事項を記載した就業規則を作成します。この必要記載事項は、会社の始業、終業時刻などに関することや給与の支払い方法、退職に関する事項などがあります。そして次に作成した就業規則について職場にいる従業員の代表から意見を聞き意見書を提出してもらう必要があります。その後、作成した就業規則と従業員から提出してもらった意見書と届出書を持って、会社の所在地を管轄している労働基準監督署に提出するまでが一連の流れになります。

就業規則の中身についてわからないことがある

就業規則をいざ作成しようと思っても、何から手をつけてよいかわからない時には社会保険労務士といった労務管理の専門家に相談しましょう。インターネットなどで就業規則のひな形がよく掲載されていますが、就業規則は会社のルールブックとなりますので、やはり会社の特徴や従業員には「このように働いてもらいたい」といった社長の想いを詰め込んだ、オリジナルの就業規則を作成する必要があります。社会保険労務士に就業規則作成の相談をすることで、法律のルールを守りながら、会社の想いを形にしたオリジナルの就業規則を作成できます。

社会保険労務士の就業規則の作成をする際のポイントとして、なるべく豊富な経験を有する専門家に助言を受けることが必要です。