きちんと理解しておきたい!ゲーム系の専門学校について

専門学校の違いとバランス

一般的に専門学校というのは、専門的な知識、技術などを学ぶ場となっています。ゲーム系の専門学校もそこは違いありませんが、学校内に様々な学科を設けていることが多いのできちんと理解して選択したいところです。現代では特定の分野に特化した学校よりも、全体的なバランスを重視している傾向にあります。つまり専門分野に関することを学びつつも、ゲーム業界で必要な知識をまんべんなく学ぶことができます。ただし講師の質には違いがありますよ。

すでに現場で活躍している人から

ゲームの専門分野で最近多いのが、すでに現場で活動している人を特別講師として呼ぶことです。専門学校の宣伝にも有名なプログラマー、デザイナーが起用されることがあるほどで、実際そこを目安に入学を決める若者もいます。これはゲーム業界で活躍している人の話を聞きたいといったり、その人からなら業界のことを学べるという認識が強いためですね。講義内容は多様で、ノウハウよりも生徒からの質疑応答に時間を割くといった人も多いです。

技術とそれ以外の要素

プログラム、グラフィックデザインなど技術的なことは授業外でも学ぶ必要があります。これは授業で学ぶことには限界があるというより、個性を磨く必要性が強い業界であるためですね。場合によっては他の部署の人間とも関わるのがゲーム業界なので、横との繋がりを踏まえて行動することも大切です。また最終的には個人で作ったものを形として用意する必要があります。その形あるものが、その時の集大成であり、学んだ結果になります。

ゲームの専門学校ではゲームプログラミングだけでなく、デザインや音楽などゲーム作りに欠かせない要素を学習することができます。